御殿場市社会福祉協議会
静岡県御殿場市萩原988-1
御殿場市民交流センター「ふじざくら」内
TEL:0550-70-6801

こども食堂

こども食堂とは?

地域住民や自治体が主体となり、無料または低価格で子どもたちに食事を提供するコミュニティの場。

経済的な理由から満足に食事をとれない子どもや、インスタント食品やお菓子などで済ませてしまう子ども、共働き家庭やひとり親家庭等、家族の事情により1人で食事をする子どもがいるなど、子どもの食に関する問題が多くなっています。

「こども食堂」は栄養のバランスのとれた食事を提供するほか「孤食」を改善する狙いもあります。

  • 運営:地域ボランティア、NPO法人など
  • 目的:地域交流、多世代交流、貧困家庭の支援、孤食の防止など
  • 開催場所:公民館、個人の自宅、民間施設など
  • 利用者:子どもから大人まで誰でも、貧困家庭の子ども、ひとり親家庭の子どもなど
  • スタッフ:無償のボランティア

協力・応援企業

市内のお肉屋さん、パン屋さん、おそば屋さん、とうふ屋さん、スーパー、社会福祉法人など

フードバンク

フードバンクに寄せられた食材も子ども食堂の運営に役立てられています。

 

御殿場市内の子ども食堂

はらぺこ食堂

民間ボランティア団体「ブラスマ委員会」が運営する「はらぺこ食堂」は今年で開設4年目を迎えました。(平成30年10月開設) はらぺこ食堂は、ひとり親家庭などの孤食を防止するとともに、多世代間交流、ワークショップ等の体験の場を提供することを目的として開催しています。 今年の春には地域の農家の方の協力を得て「はらぺこ農園」をオープンしました。ここでは野菜の苗植えから収穫まで体験し食育につながるワークショップを企画し、活動しています。 コロナ禍の現在、食事は弁当の配食を行っています。弁当を受け取りに来た参加者からは「1年ほど前に開催を知った。当時は出産直前で子供たちにお弁当を頂くことができ、大変助かった」という声もありました。 このような状況下でも、子供たちの笑顔のために「はらぺこ食堂」は活動を続けていきます。

  • 開設:平成30年10月
  • 運営:民間ボランティア団体「ブラスマ委員会」
  • 開催日:月1回(土・日・祝日等)
  • 連絡先:090-1474-3764(高田)
  • https://www.facebook.com/burasuma2018/

 

ウェルカムいちえ

誰でもくつろげて温かい御飯が食べられる場所を作りたいという思いから、御夫婦二人三脚で平成31年1月からスタートしました。自宅を開放し、自家菜園の野菜をふんだんに使った愛情の込められた家庭料理が並びます。立ち上げ当初は月に1回開催していましたが、現在は要望があった方にお応えし、毎日のように色とりどりの手作り料理を振る舞っています。また、社会福祉協議会の事業へも御協力いただき、市内の中高生が訪問し、子ども食堂を身近に感じられる機会を設け、少しずつ温かい気持ちが地域の輪となってつながることを願っています。趣味も多彩な御夫婦の運営する「ウェルカムいちえ」との出会いは、これからの人生を豊かにしてくれますよ。まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 開設:平成31年1月
  • 運営:市江 碩、洋子
  • 開催日:随時(要相談、予約制)
  • 連絡先:0550-87-2237(市江)

 

ポニー食堂

令和2年7月にポニー食堂は開設されました。生活困窮家庭に食事や食材の支援、廃棄食品を減らすためのフードドライブ事業、子供を始め、高齢者、障害者等が自由に立ち寄れる居場所作りを趣旨として活動しています。現在は、コロナ禍にあり運営に難しい部分もありますが、皆様から頂いた食料品でボランティアの方々と食事を作り、全て無料で提供をしております。まだ食べられる食材は、廃棄せずに御提供をお願いいたします。代表の矢地さんは、24時間体制で様々な相談にも対応しています。普段の生活の中で不安や悩みがある方、また、少しでも何かできないかという気持ちがある方もお気軽にお問い合わせください。

  • 開設:令和2年7月
  • 運営:一般社団法人 生活福祉環境相談センター 代表 矢地信行さん
  • 開催日:不定期
  • 連絡先:090-1782-8138(矢地)

 

てとてとひろば

てとてとひろばは、毎月2回活動をしています! 詳細については、Facebook「てとてとひろば」で検索してみてください。どうぞよろしくお願いいたします。

てとてとひろば

Top
error: Content is protected !!